Dead by Daylightの用語「キャンプ」ってどんな意味?

Dead by Daylightをしていると「キャンプ」「キャンパー」って言葉を聞くけどどんな意味なの?

Dead by Daylightには用語が多くて初心者の方は最初、疑問に思うことが多々あると思います。

tutu

パークの言い方が日本語の言い方と英語の言い方があったり、キラーの呼び方もいろいろあるんだよね…

 

今回は、そんなDead by Daylight用語の「キャンプ」について解説し、キャンプをすることのメリット・デメリットを紹介します。

 

キャンプとは

殺人鬼がサバイバーをフックに吊った後その場にとどまり、他のサバイバーに救出されないように見張る行為のことを言います。

 

キャンプをする殺人鬼のことをキャンパーと呼びます。

どういう風に使う?

「あの殺人鬼キャンプしてる…」

「あの殺人鬼、キャンパーだ」

というような感じに使います。

 

キャンプをする事のメリット

殺人鬼側のメリット

  • 確実にサバイバーを1人処刑することができる。

サバイバーからの救助や脱出を防ぎ、ほぼ確実に1人を処刑することができます。

 

もしサバイバーが救助しに来たとしても、他のサバイバーに1撃あたえることが出来ますし、そのままそのサバイバーを吊ることもできます。

もし救助されてしまったとしても、サバイバーより殺人鬼の方が足が速いのですぐに手負いのサバイバーをダウンさせることが出来ます。

 

キャンプしている殺人鬼から救助する方法に無理救助というものがあります。

無理救助については別の記事で解説しています。

Dead by Daylightの用語「無理救助」ってどんな意味?

 

サバイバー側のメリット

  • 殺人鬼がキャンプしているあいだ、他のサバイバーは安全に発電機を直すことができる。

殺人鬼がキャンプしている場合、他のサバイバーは安全です。

 

あたりを警戒する必要がなく、どんどん発電機を直したり、傷を負っている場合は回復したりできます。

 

キャンプをする事のデメリット

殺人鬼側のデメリット

  • 他のサバイバーに発電機をどんどん修理されてしまう。

キャンプしている間、発電機を2台分ほど修理されてしまいます。

 

発電機を早く修理されてしまうと、全員を吊るすのが難しくなります。

また殺人鬼はブラッドポイントを得る量が少なくなってしまいます。

 

殺人鬼がブラッドポイントを稼ぐには
  • サバイバーを見つける
  • サバイバーを追いかける
  • サバイバーに攻撃をあてる
  • サバイバーをフックに吊るす
  • サバイバーを処刑する

こういった行動をしなければブラッドポイントは増えません。

 

サバイバーを最大3度フックに吊ることができるので、1度しかフックに吊るすことができないとポイントが半分以下になってしまう可能性があります。

 

また、キャンプをするという行為はサバイバーに嫌われる行為でもあります。

 

確実に1人を処刑できる有効な作戦ではありますが、サバイバー側からしてみるとゲーム的につまらないと感じてしまいます。

 

最初に吊られた人は何もできずに処刑されてしまいますし、他のサバイバーから見てもキャンプしている間はただ発電機を直してるだけなので、殺人鬼に追われるドキドキ感などが一切ないのでつまらないと感じてしまうでしょう。

 

tutu

暴言をはかれたり、トラブルに巻き込まれる事例もあるみたい…

 

サバイバーからしてみれば、つまらない、ポイントも稼げないとなると不満に思う人も多くいるようです。

 

サバイバー側のデメリット

  • 味方を1人失うことになる。

1人味方が減るというのはサバイバーにとってはかなり痛手です。

 

チェイスをしたり、負傷状態を回復したり、吊られた味方を救助したりと、発電機を修理する以外のことにも気を付けなければならないので、時間がかかってしまいます。

 

序盤でキャンプされてしまった場合

序盤でキャンプされてしまったサバイバーは、正直デメリットしかありません…。

得られるブラッドポイントも少なく、アイテムなどを使う間もなく失ってしまうことになります。

 

tutu

そういう時に限ってレア度の高いアイテムとか持っていってたりするんだよね…。

 

まとめ

キャンプの意味と、キャンプをすることによってのメリット・デメリットを解説しました。

 

キャンプは戦略のひとつです。チートでも違反行為でもありません。

しかしキャンプをするデメリットでも書いた通り、キャンプをする行為はサバイバーにとって嫌われる行為となるのでトラブルを招く可能性もありますので十分注意してください。

 

サバイバー側もキャンプされてしまったからといって回線を切ったり、残された他のサバイバーが不利になる行動はやめましょうね。