動画で解説!文字にアニメーションを付ける手順【Filmora9】

文字やテロップにアニメーションを付けたい!

今回は、Filmora9を使って文字にアニメーションを付ける手順について解説します。

動画をもっと派手に演出したい、華やかに見せたい人は、文字にアニメーションを付けて演出してみるのはどうでしょうか。

 

動画解説

文字にアニメーションをつけるための手順を解説しています。

ワンクリックでできる、かんたんなアニメーションの付け方と、高度編集を使った微調整ができるアニメーションの付け方について解説しています。

 

ブログでは、より分かりやすく高度編集でアニメーションを付ける方法について解説していきます。

 

高度編集でアニメーションをつける

動画内でも解説していますが、細かい部分なのでより詳しく解説していきます。

動画であまり理解できなかった人は、専門用語は使わずに詳しく解説しますので、ぜひコツを掴んでいってください!

 

まず、高度編集の画面でアニメーションを選択します。

画面の下にある、紫色のバーの上に白い記号のようなものが出てきます。

この記号を動かすことによって、アニメーションの長さを調整することができます。

MEMO

この記号はアニメーションが終了するタイミングを調整するものです。

 

たとえば、この記号を右側に移動させます。

記号を右側に動かすことによって、アニメーションをする長さがのびますね。

MEMO

濃い紫色の部分がアニメーションが再生される部分になります。明るい紫色の部分はアニメーションが終了した状態が維持される部分です。

そうなると、延びた時間だけアニメーションが再生されるので、アニメーションがゆっくりになります。

 

MEMO

よくわからなければ、アニメーションの速度を調整するものと覚えておきましょう。

 

編集画面の見かた

次に、テンプレートを使った時のアニメーションを参考に解説してみます。

画面の下、タイムラインと呼ばれる部分に注目してください。

 

Tと書かれている横のラインに、それぞれ色が分かれているのがわかりますでしょうか。

灰色の部分濃い紫の部分薄い紫の部分があると思います。

 

ちなみにTというのはテキストのことです。

このテンプレートでは、テキストを記入する欄が2つあるので、T(テキスト)のラインが2つ並んでるわけです。

 

それでは、それぞれの色の意味を解説していきますね。

 

赤い縦の線が、現在動画を再生している場面を表しています。
画面に写っている動画がそうです。

この赤の線がTの灰色の部分にある時、画面には文字が写っていませんね。

灰色の部分は、文字が非表示の状態になります。

次に、赤の線が濃い紫の部分にある時、アニメーションが再生されはじめます。

そして、先ほど解説した白の記号に赤の線がに重なったとき、アニメーション終わります。

 

この濃い紫の部分は、アニメーションが再生される部分になります。

 

その隣にある薄い紫の部分赤の線がある時、文字のアニメーションが止まり、ずっと表示された状態になります。

アニメーションを付けていない場合は、ずっとこの薄い紫の状態ということになります。

 

文字にアニメーションを付けたのはいいけど、もうちょっと文字を早く表示させたい、ゆっくり再生させたい、という時はこの画面の見かたを理解しておくといいでしょう!

tutu

文字のアニメーションがあると、動画がより楽しく見えるよね!

 

ぜひ活用してみてください!

 

Filmora9を使った文字の入れかたや、高度編集についての解説もしていますので、参考にしてみてください。

動画で分かりやすく解説!動画に字幕(テロップ・文字)を入れる方法 動画で解説!Filmora9の高度編集の使い方(字幕・テロップ)