動画で解説!暗くて見づらい動画の明るさを調整する方法

夜撮影した動画や、屋内だと照明の問題で暗くて見づらくなってしまう場合がありますよね。

今回はそんな動画の明るさを調整する方法を解説します。

 

動画解説

輝度(きど)というパラメーターを調整することで動画全体を明るくすることができます。

あまり馴染みがない言葉なので、実際に調整までの工程を動画で確認してみてください。

 

明るさを調整するには「輝度」を使おう

輝度のパラメーターがある場所までの解説は動画で確認できますので、チェックして見てください。

 

明るさの調整には主にこの輝度を使用しますが、他にもコントラストや彩度なども使うことでより自然な色合いに調整することができます。

輝度を含む、動画の色合いの調整で実際によく使う機能を紹介します。

 

輝度

明るさを調整できます。照明を当てるような光の調整を行うことができます。

彩度

色の鮮やかさを調整できます。数値を下げるとくすんだ色味になり、数値を上げると明るい色味になります。

コントラスト

色の暗い部分と明るい部分をそれぞれ強調させて、メリハリをつけます。明るい部分はより明るく、暗い部分はより暗くなります。

 

明るさや、色の補正をするにはこの3つを調整すればキレイに仕上がります。

 

その他はあまり使わないかな~と思う機能なので省略して解説しますね。

 

ホワイトバランス

動画を撮った環境(照明や日光)でちょっと青っぽくなったり赤っぽくなったりする場合がありませんか?そういった環境による色味を補正することができる機能です。

3D LUT

映画やTV番組のような色合いに自動的に行ってくれます。エフェクトのような感じです。

 

他にも色調補正について知りたい方は、Filmora9の公式サイトFilmora9/Filmora9×Weddingの使い方ガイドで確認できますのでそちらをご覧ください。

 

エフェクトを使った調整もアリ

Vlogや旅行、夜景などを撮影した動画にはエフェクトを使うのも効果的です。

動画全体に雰囲気をつけることができるので、輝度で明るさを調整した後にエフェクトを合わせてみるとよりキレイな動画に仕上がると思いますよ!

 

Filmora9で使える動画、BGM、エフェクトなどが使える素材サイトFilmstocksでは、VlogやWeddingに使えるエフェクトもたくさん揃ってるので是非チェックしてみてくださいね!

 

気に入った1つのエフェクトで十分!という人はエフェクトストアで買い切りで購入することもできますよ。

動画で解説!Filmora9で動画にエフェクトを付ける方法

 

まとめ

動画の明るさを調整するには輝度やエフェクトを使う方法について解説しました。

 

気を付けて撮影していても、あとあと動画を確認したら暗くて見づらかった…という事もあると思います。

Filmora9は明るさ調整もエフェクトも、誰でもかんたんに使いやすいようになっているので動画編集初心者さんでもパパっと編集できちゃいますよ!

 

Filmora9の使い方をまとめた記事はこちら

動画で解説!Filmora9の使い方まとめ