動画をかんたんにオシャレに編集するフォントテクニックとは?

もっと見栄えのする動画にしたいんだけどどうすればいいの?

動画を作ってみたものの、なんとなく初心者っぽさがあってもっとクオリティを上げたい!

そんなふうに思っている方は、フォントを活用してみてはいかがでしょうか。

 

フォントを活用しよう

フォントとは、デザインされた文字のことです。

サムネイルテロップ(字幕)を付ける際にフォントを意識すると、動画全体のクオリティがアップします。

 

例えば、パソコンに入っている一般的なフォント「MSゴシック」を使った画像です。

「MSゴシック」は主に、メールやプレゼンのデータ資料などで使われます。web上ではごくごく一般的なフォントです。

フォントにクセが無く読みやすいといった特徴があり、長文などに適しています。

 

動画ではこういったシンプルで読みやすい文字よりも、デザインされたフォントで魅力的にみせる方が効果的です。

 

テロップは、長文で文字を入れることは少ないので、文字は太くシンプルなものがおすすめです。

Vlogなどのおしゃれな動画を作るときは、細めのフォントがおすすめです。

 

tutu

では、実際に私が使っているフォントを3つ紹介しますね。

 

コーポレート・ロゴ Bold

主にテロップに使っています。文字が太く読みやすいフォントです。

ダウンロードはこちらから↓↓↓

参考 モダンな「コーポレート・ロゴ」フォント無料ダウロード

 

棘丸ゴシック

文字のはしがとがったフォントです。主にサムネイルで強調したい文字に使っています。

ダウンロードはこちらから↓↓↓

参考 棘丸ゴシックFONTDASU.COM

 

きろ字

手書き風のかわいいフォントです。はなし言葉や、サブタイトルなどに使っています。

ダウンロードはこちらから↓↓↓

参考 手書き風総合書体「きろ字」Ola Kae Toda Tai

 

以上で紹介したフォントは、無料で使うことができますよ!

 

私が使っている英語のフォントはDESIGN CUTS(デザインカッツ)で購入しました。

画像に合わせてみるとこんな感じ。

DESIGN CUTS(デザインカッツ)は、商用利用向けのフォントやデザイン素材を販売しているサイトです。

MEMO
ビジネスで利用する場合は、商用利用の規約をよく確認しましょう。

 

素材集を購入するのもアリ

フォントをまとめた書籍もありますよ。

いまいち気に入るフォントが見つからないという場合は、素材集の本で探してみるのはいかがでしょうか。

 
 
 

 

フォントのインストール方法

フォントデータをダブルクリックします。

左上にあるインストールから、フォントをインストールします。

以上!かんたんですね!

 

まとめ

動画をかんたんにオシャレに編集するフォントテクニックについて解説しました。

フォントを変えるだけで、簡単におしゃれに編集することができるのでおすすめのテクニックです!

 

このブログで主に紹介しているFilmora9なら、おしゃれなトランジションやエフェクトを組み合わせることもできますよ!

Filmora9の機能についてはこちらを参考にしてみてくださいね!

動画で解説!Filmora9の使い方まとめ